お知らせ

ワークショップ、イベント等のお知らせ

フット&ボディ バランス アジャスター資格養成ワークショップ募集告知

更新2019年7月11日

靴が靴になる「靴の本質」と、足の変形、疾患を予め防ぐコトを希求するなら、靴に足入時のシュー フィッティングと、歩行時の足と身体のウェル バランスが、靴の評価になるはずです。
であるなら、足と靴にかかわるフット メディカル、フットリハビリティ、フットケア、シューセール、シューメイティングの各分野は、個別専門技であり、希求する「靴の本質」は、「群盲を象を撫ず」のように分断されているのが現状だと思います。

フット&ボディ バランス アジャストメント(FBA)機構は、この現状を考えてみるに、分断を連結融合し、靴が靴になるためには、とにかくリ専門技に加え隣接する、シューフィッティングとバランス調整の補技法を修得するコトで、それぞけの[現場}での臨床が深化して、さらに、靴の生活がより善い方位に広がり、足の変形、疾患を予め防ぐ貢献を技法の一義にするコトと思います。

シューフィッティングとバランス調整は一体技法となり、その技法をファースト 、セカンド、サード ステージに段階的に技法深化していくカリキュラムのワークショップを実践しています。
このカリキュラムは、小人数で教科的というより、現場で即、実践実務できる現場実技主義を一義としたカリキュラムになっています。

靴を履く人の足データコレクティング(採取)は、仔細に定量(数字)定性(性質)要因を把握しますが、既製靴のデータは、足長サイズ表示だけ、靴の足長サイズではありません。あっても足囲記号だけで数値ではありません。

手づくり靴は、定量要因の足データをを具体するので静的評価(足入時)のフィッティングは、当然ですが、歩行時のバランス調整の問題にぶつかります。これは避けて通れない問題です。
靴をカタチにするだけでは靴にならないのです。とくに、規格できない足を規格技法でつくる既製靴技法で靴をつくる人にとっては、さらに難しい問題になります。足のデータコレクティングの技法(静的評価)、足と身体のバランス調整技法(動的評価)、手づくり靴にとって必須の技法と思わなければなりません。

その技法を取得するのがフット&ボディ バランス アジャストメント(FBA)機構のもとめるムーブメントです

そのファースト ステージのワークショッブを、7月28日に実施します。

2019年のワークショップ スケジュールです。
07月28日、ファースト ステージ
09月21日、サード ステージ
09月23日、ファースト ステージ
10月27日、セカンド ステージ
11月04日、ファースト ステージ
12月22日、セカンド ステージ

 

 

第3回・フツト&ボデイ バランス アジャスター養成/ファーフト ステージ ワークショップを実施しました。

第3回・フツト&ボデイ バランス アジャスター養成/ファーフト ステージ ワークショップを実施しました。
既製靴の不全を補完 ( シューフィッティング ) する、さらに靴で傷んだ足の不全を介護 ( ケアリング ) する、その不全を予め防ぐ(プリベンティング ) の問題だと思っています。
その意味で、・・・
プリベンティング は、いかに生活するリアルな身体(足)に、悪しき負荷をかけない動的平衡を希求するバランス調整にほかならないと考えます。
このムーブメントも3回を重ね、この回は、興味をもつ一般の方の参加もあり、たえず笑いのたえない、ステキなワークショップでした。

フィッティング
ケアリング
プリベンティング

不全な靴を、十全の靴にするるために、 これからの靴の概念は、この3つのファクターを足と靴にかかわる人たちのスタンダードとしましょう。

次回のファースト ステージは、7月28日に行います。
セカンド ステージは、6月30日です。

 

 

 

 

第3回・フット&ボディ バランス アジャスター養成ワークショップのファースト ステージが5月26日のはじまります。

靴にかかわる人は、つねに、靴の新しい「意味」をもとめつづけなければならない・・・と思います。
「いままでの靴」「いまの靴」で学んだプロフェショナル スキル(専業)にとじこもらないで、もっと生活するリアルな身体によりそうパプリック スキルを拡張し、さらに関係性を広く拓くコトができれば、「これからの靴」の新たな「意味」がみえてくるはずです。

その「意味」は、既製靴にはなくてはならない補完技法である、シューフィッティングの技法に加えて、歩行時のパランスを整え身体保全をはかる技法によつて、よりパプリックリレーションの深度がふかまるはずです。

その一貫として、おしすすめているのが、一般社団法人フット&ボデイ アジャスメント機構(FBA機構)のバランス アジャスター養成ワークショプです。
このワークショップの第3回ファースト ステージが、5月26日(日曜日)にはじまります。

このファースト ステージは、はじめて学ぶ基礎講座で、理学療法士、フットケア、シューフィツター、手づくり靴のつくり手を対象にしています。より専門課程は、セカンド、サード ステージに進級するコトができます。また、
詳しい応募内容はHPで・・・https://fba.or.jp

FBA機構のフット&ボディ バランス アジャスター 養成(資格取得)ワークショップの第2回目、ファースト ステージが・・・3月21日ありました。

FBA機構のフット&ボディ バランス アジャスター 養成(資格取得)ワークショップの第2回目、ファースト ステージが・・・3月21日ありました。
まだ生まれたばかりなので、多くには知られていませんが、既製靴の補助技には、足もとからバランスを調整する技法が不可欠なのです。
靴を評価である、歩行時の善きバランスを保持する動的評価を、シュー フイッティングには、もっと重視しなければと、思っています。
参加した人は、靴づくりをする人が多く、みるところ、靴づくりをする人が、足と靴の関係性にいちばん知見をもとめているように思えます。
「群盲を象を撫ず」。靴の本質を象に例えると、靴の多面性に、もっと注視しなければとも思っています。
靴と足の関係性に関して多々、専門職域がありますが、つまるトコロ、靴の一面は知っているが、靴の本質をだれも正していないというコトになります。
今靴にとって、いちばん、だいじなコトは、隣接する専門領域を取り込んで、靴の本質を語る共有語をもつコトだと思っていますが・・・
いよいよ4月28日、5月26日、バランス アジャスター 養成(資格取得)ワークショップのセカンドステージが始まります。
詳しい内容と、申し込みは https://fba.or.jp

 
 
 

第二回、フット&ボディ バランス アジァスター・ファースト ステージ養成ワークショップの募集(3月21日)

靴が足に合っていないのが、靴のいちばんの問題です。とにかく靴に足を合わせるシュー フィッテンィングについては、現場で、いろいろ手当をしていますが、この靴に足入れしたときに良いフィット感であっても、、その靴で、こんどは歩いたときに不具合が起きるのは、悪しき身体バランスの崩れが原因です。その身体バランスの崩れは、足もとのバランス調整で整えるコトができます。
靴の問題は、この靴に足を合わせるコトと、歩きのバランスを整える、この2つの補完技法によって、靴は、靴になるのです。
FBA(フット&ボディ バランス アジャストメント)機構は、この足もとからバランス調整の技法を手につけるワークショップを、3月21日(木・祝)に第二回目、ファースト ステージを催します。

カリキュラムの内容はココ
FBA機構についてはココ
お申込はココ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 日コース(1 コマ 90 分)

●時 間
09:30~11:00
11:10~12:40 ランチタイム 1
12:40~13:30
13:30~15:00
15:10~16:40

参加費
¥16,000 +¥1,280(税) 教材、資材代含む

参加費は銀行振込
みずほ銀行・大井町支店・店番121口座番号2322128

定 員
10 名 (定員になり次第キャンセル待ち)。

教材と資材
テキスト 、
インソール、
アンケート、
その他

用意するもの
筆記用具
かならず紐靴を履いてくる

申込は・・・こちからら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FBAワークショップ(実習教室)
〒 151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12 バルビゾン2f
シューワークショップ・moge内
mobile: 090-9249-9236

第一回FBA機構、ファースト ステージの模様です。